無担保で借りれるカードローンの仕組みとリスクを紹介

無担保で借りれるカードローンの仕組みとリスクを紹介

 

昔の消費者金融は担保や保証人をとっていたのに、何故今は無担保で借りることができるのでしょうか。

 

消費者金融は貸し倒れリスクがある中、どのような仕組みで収益を上げているのか興味がある人は多いでしょう。

 

消費者金融の仕組みとそのリスクについて解説します。

 

・消費者金融の仕組み

消費者金融の金利は年率15%位です。

 

自己破産をする人の割合は100人に1人居るとしても、全体の1%という計算になります。

 

消費者金融は無担保で融資しても、割合からすると全然収益を上げられる仕組みになっているのです。

 

・法律上も消費者金融に有利な仕組みに

消費者金融は貸金業法の改正により、新規参入をするのには莫大な資本金が必要になっています。

 

新規参入を防ぐことによって、顧客の食い合いや貸し付け過多を防げるようになっているのです。

 

しかも総量規制が出来上がり、自己破産できるほど借金を膨らませることは難しくなりました。

 

法律上も消費者金融の有利な仕組みになっていったのです。

 

・消費者金融の抱えるリスク

今は過払い金もほとんど時効を迎えており、消費者金融が抱えるリスクはほとんど無くなっています。

 

唯一リスクがあるとすれば、今後法律が代わり、銀行カードローンと消費者金融合わせて総量規制が決められる事です。

 

借金をする絶対数は多く増えるとは限りませんので、安くお金を調達できる銀行勢に負けてしまうでしょう。

 

消費者金融が無担保で融資できる仕組みは、法律が味方しているからです。

 

無担保融資が現代では普通ですので、気にせず借りるようにしてください。

 
page top